女性用バイヤグラ@性の悩みに効果【最安値・送料無料】

オーガスムをどう定義するか

女性用バイアグラとオーガズム

男性用バイアグラの女性に対する効果を判定することはできるのでしょうか?どうやらこれは非常に難しいことらしいのです。

 

この問題に関して、男性用バイアグラの臨床試験を担当したサラント博士は次のように話しました。「男性の場合は、勃起に対する薬の効果を客観的に判定することができます。ペニスに血圧測定用の細いか不をまいて、服用時とそうでないときで勃起の硬さや持続時間に違いがあるかを測定する方法です。

 

しかし、男性と違って女性の場合は非常に難しい。効果を判定する方法が無いのです。女性は男性用バイアグラを飲めば、クリトリスの血流量が増えると仮定しよう。第一の問題は、血流量の増加を測定する方法です。何とか方法を見つけて、男性用バイアグラの作用で血流量が増加することが明らかになっても、その増加によってオーガスムが高まるだろうか?それを判定する方法が無いのです。

 

膣の湿潤度を調べるのも大変です。高齢の女性は膣の感想が問題になることが多いのですが、今借りに男性用バイアグラが膣の順湿度を増加させるとしよう。もん題は増加分をどのような方法で測定するかなのです。科学的にやるとすれば、一つ考えられるのは、男性用バイアグラ服用の前後にタンポンを挿入し、タンポンが吸収した液体量を重量で測定することです。しかし、この方法で膣の粘液量が増加していることがわかったとしても、その増加がよりよいオーガスムに繋がるのだろうか?それともすべては脳の働きによる心理的な効果にすぎないのかの判別がつかない。

 

サラント博士は女性に対する男性用バイアグラの有効性を試験する際の問題点として、客観的な基準の設定や、タイしぃう者に記入してもらうアンケート作成が難しいことを上げています。「アンケートの項目を作るとき、またしても基本的な問題が出てくるのです、それはよりよいオーガスムというものをどう定義するかなのです。現在ファザー者が基準となるアンケートの政策にとり買っています。男性用バイアグラが女性のオーガスムに影響を与えるかどうかを知らエル二重盲検法に用いるためにです。」

 

サラント博士はこのほかにこのようにいっています。「女性が服用しても男性が服用しても、安全性はおおむね同じだろうと思うかもしれないが、そうした推測が正しいとは限らないのです。」

 

男性用バイアグラを処方してほしいというのがあなたのお嬢さんだったらどうしますかと聞くと、サラント博士はこう答えました。「正常な健康体の娘だったら、やめた方がいいというだろう。しかし子宮摘出手術を受け、卵巣に障害がある場合で、膣の湿潤度が少ないという問題が生じているというなら、おそらく『いいよ』と答えるでしょう。

 

女性のリスクが男性と同じくらいが小さいと推測するのは早計です。しかしこの場合に限っては妊娠の可能性が少なく、失うものがほとんどないので同意すると思います。ただし現段階で、女性全般に男性用バイアグラを使用することを進めるつもりはありません。」