女性用バイヤグラ@性の悩みに効果【最安値・送料無料】

心筋梗塞と性行為

心筋梗塞と性行為

一度、心筋梗塞になったことのある人は、それがどんなにつらい体験かを知っています。

 

また、あのようなことになったら死んでしまうのでは、とおびえているのです。

 

そうした人たちの多くは、体がバテるような行為を避ける。だから性行為を使用とはしない。

 

ところがそんなことを恐れる必要は全くないのです。

 

心筋梗塞体験者を640人に質問をしてみました。「心筋梗塞になる直前の数時間に何をしていたか?性行為をしていたか?」というものでした、また対象者は性行為の習慣とスポーツ活動についての質問も受けました。

 

大半の患者は、性行為を日常的に行っていましたが、性行為の直前に心筋梗塞になったのは5人だけでした。

 

こうした結果から、性行為の直前の約1時間以内に心筋梗塞になる可能性は、ほかの時間帯と比べて2倍。スポーツを日常的にしていない人の場合には4倍となっていました。

 

とはいえ、死ぬ危険性は極めて低かったので、この調査の担当者は「一般に、心筋梗塞の患者にあらゆる性行動を禁じるのは政党ではない」と述べています。

 

 

性行為が原因で心筋梗塞になる危険性がどのくらい高いか、という疑問については、アメリカの心臓専門家のアラバマ大学の教授が「性行為と心臓病」という会議の席上で発表したことがあります。

 

それによると、健康な50歳の場合「ある1時間に」心筋梗塞になる確率は100万分の1です。性行為との関連で言うとこの確率は上昇しますが、上がるといっても100万分の2になるだけです。

 

心筋梗塞患者の場合はこの数字は15倍に上がりますが、それでも100万分の30です。

 

以前に心筋梗塞になったことのある人は、適度のスポーツを行った方場いいのです。

 

 

それは、幾分スポーツをやっている人の方が、スポーツ嫌いな人よりも、性行為の最中に脈拍がはるかに安定しているからです。