女性用バイヤグラ@性の悩みに効果【最安値・送料無料】

バイヤグラに対する女性の関心の高まり

バイヤグラに対する女性の関心の高まり

アメリカでは女性を対象とするバイヤグラの臨床試験が小規模ながらいくつかは始まっています。

 

その一つに、メリーランド大学の泌尿器科医のバーマン博士が、非営利団体である米国泌尿器疾患基金から、88000ドルの研究費を受けて行っている研究があります。

 

対象は過去3年から5年の間に子宮摘出手術を受けた25歳から41歳までの女性です、胎児に与える影響を避けるために、妊娠する可能性がある女性は対象にしませんでした。

 

子宮摘出手術を受けると、性感が下がる、順湿度が下がる、オーガスムが不可能ではないにしても困難になるなどの、好ましくない影響が出ることが多いのです。

 

バーマン博士が調査対象の女性たちは全員がバイヤグラを服用し、大きな効果がみられた、全員がより敏感になり、性感が向上し、しかも全員がオーガスムを得ることができたと報告しました。

 

ファイザー社は、数百名の女性を対象とする臨床試験をヨーロッパで実施しています。その様子は、現在、バイヤグラヤ開発中のそのほかのインポテンツ治療薬を、女性にも適用してみようという動きが表れています。

 

FDAが研究者や製薬会社の役員を務めたトップ会議を開催し、「女性のインポテンス治療」の臨床試験を行うためのプロトコルを協議しました。

 

次に、第一線の性科学の研究者が会合を開き、女性を対象とするインポテンス治療薬の臨床試験の実施について徹底的に検討しました。