女性用バイヤグラ@性の悩みに効果【最安値・送料無料】

女性用バイヤグラについて

女性用バイヤグラのクエン酸シルデナフィルフリバンセリン

アメリカの食品や医薬品の監視や販売承認する機関で認められたフリバンセリンは女性用バイヤグラ・ピンクバイヤグラとも言われています。

 

今まで男性用バイヤグラがあったのに、女性用バイヤグラがないのはおかしいとされていて、過去何度も製品化が試みられていました。

 

しかし成分調整で副作用に関する問題がり承認されなかったのですが、そのハードルをクリアして、とうとう2015年に商品化アメリカで認められました。

 

フリバンセリンとは、服用することで脳内のセロトニンを分泌する効果があり、女性が服用することでセックス積極的になるといわれています。

 

さらに閉経をなどでホルモンのバランスが乱れた女性に対しても、効果があることが報告されています

 

女性用バイヤグラ

しかし、男性用のバイヤグラは血管や血流に作用しますが、女性用バイヤグラは全く違うアプローチであることはあまり知られていません。

 

同じバイヤグラのくくりですが、その作用が全く違うということです。

 

まだ日本では販売はされていませんが、フリバンセリンとは別に、男性用バイヤグラを女性に適したスタイルしてある商品が日本でも販売されています

女性用バイヤグラ料金比較表

ラブグラ販売店 1箱 2箱 3箱 5箱 7箱

医薬品@通販

1980円

送料700円

2604円

送料700円

3065円

送料700円

3804円

送料700円

4716円

送料700円

あんしん通販薬局

1980円

送料700円

2614円

送料700円

3113円

送料700円

3962円

送料700円

4954円

送料700円

ネット総合病院

1980円

送料700円

2970円

送料700円

3861円

送料700円

5445円

送料700円

6237円

送料700円

ベストケンコー

3180円

送料無料

-----

----

3980円

送料無料

4980円

送料無料

5880円

送料無料

ラブグラ(女性用バイアグラ)

 

ラブグラ(女性用バイアグラ)は、医薬品@通販で購入が最安値です。まとめ買いをされる方が安く購入することができるのでお勧めです。

 

女性用バイヤグラのウーメラとラブグラ

EDの治療薬として有名なバイヤグラに女性用もあることはご存知でしょうか?

 

日本で販売されている女性用バイヤグラの商品名はウーメラとラブグラの2種類があります。

 

男性用のバイヤグラは飲むと勃起の働きが促進するのですが、女性用バイヤグラと言われているウーメラとラブグラは飲むと膣内の感度が上がります。

 

ラブグラ(女性用バイアグラ)

 

両方とも血流の流れがよくなり性器の感度が上がるという部分では同じです。

 

成分的には男性用のバイヤグラと同じくシルデナフィルが配合されています。男性用のバイヤグラは飲むことによって、体内の血液の流れがよくなり、その結果ペニスへの血流がよくなるので、勃起することのプロセスを手助けするのです。

 

その同じ効果が女性用バイヤグラにもあり、女性がこの薬を服用することで、膣周辺の血流がよくなり、膣内が普段よりも潤います。そのために感度が上がり普段よりも快感を得ることができるのです。

 

効果としては不感症・絶頂不全改善で、多くの女性が今までにない絶頂を味わっています。
ウーメラもラブグラも同じく錠剤の色はピンク色をしています。ピンクバイヤグラのネーミングにあやかっているのかもしれませんね。

 

男性用のバイヤグラと同様に空腹時に飲むようにしてください。バイヤグラの成分であるシルデナフィルはいの中の脂分によってその働きを阻害されてしまい。効果を実感することができなくなります。

 

一度飲むと効果はやく6時間ほど続きますので、その間なら快感を得つづけることができます。

 

ただし、誤解されることが多いのですが、女性用バイヤグラには媚薬的な働きはなく、飲むだけで女性がその気になるような効果はありません。ただ女性の快感が増すといいうことです。

 

しかし、そうとわかっていて服用するとといことは、その時点で女性にはその気があるということになるので、スムーズにベッドインすることができるでしょう。

 

女性用バイヤグラ 個人輸入サイトご紹介

 

ネット総合病院
あんしん通販薬局
くすりエクスプレス

スムーズにベッドインすることができる女性用バイヤグラ

 

男性と女性のバイヤグラ

 

男性バイアグラ

勃起を助ける薬として世界中から人気のバイヤグラ。

 

利用者の数は世界中で2億人を超えているといわれています。そんな中、「女性用のバイヤグラが存在しないことはおかしい」という声がアメリカで上がりました。

 

瞬く間にその声は大きくなり男女差別問題まで発展しました。女性用バイヤグラの開発が急がれたのはそのあたりの背景があったようですが、フリバンセリンは商品化を急いだあまり成分の調整が不十分で大きな副作用の心配があるということで2回ほど差し戻されました。

 

調整に調整を重ねて2015年にやっと念願の商品化が承認されました。日本での販売は今はされていません。

 

女性用バイヤグラの有効成分

女性用バイヤグラの有効成分クエン酸シルデナフィル

どのようにして効果が期待できるか気になりますよね。

 

女性用バイヤグラのラブグラ・ウーメラの有効成分は、クエン酸シルデナフィルこれは男性用バイヤグラと同じ有効成分になります。

 

クエン酸シルデナフィルは、血管の弛緩し血行を良くしてくれ働きがあります。女性の性器も血行が良くなり不感症などを解消してくれる効果が期待でき性的満足が高められます。

 

クエン酸シルデナフィルは、狭心症の治療薬として研究・開発されていましたが陰茎の勃起を促進するという作用が発見されED治療薬の有効成分として使われるようになりました。

 

勃起薬なら女性には効果がないのか?

 

女性用バイヤグラの効果

そうではありません。
女性にもちゃんとクリトリスという性器があります。

 

このクリトリスが刺激を与えたりすることにより勃起し性的興奮をえることができます。
女性用バイヤグラがによって血流がよくなりより女性性器が感じやすい状態になります。

 

女性が男性用のバイヤグラを飲むとどうなるのか?

 

女性が男性用のバイヤグラを飲むと

男性用のバイヤグラを飲んでみようと考えている女性は、この薬が女性にも有効だという臨床データがないことを忘れてはいけません。ここでお話ししているバイヤグラは、男性用のバイヤグラが女性が服用した時はどうなるのかです。バイヤグラ=男性用とお考えください。

 

ファイザー社では、バイヤグラの服用を男性だけに勧めています。5年かけて4500名の男性に試用してもらった結果、バイヤグラの安全性と効力がFDAに認められました。したがって男性に対しては安全、有効であることがわかっていますが、女性についてはデータがありません。

 

女性の処方に慎重な姿勢をとる専門家が多いです。現段階では、バイヤグラが女性にも効くかどうかも、有害かどうかも全く分かっていません。この薬を飲んでみて効果があったといっている女性たちがいるが、単なる心理的な効果かもしれないし、体の機能が改善されたとは限らないのです。

 

問題は女性を対象とした臨床試験が一切行われていないことです。臨床試験に参加した日試験者4500名は全員が男性であり、女性は一人も含まれていません。これは重要なことです。

 

臨床試験は薬効だけでなく、長期服用した場合の安全性も確かめるものだからです。

 

プラシーボと二重盲検法を採用した研究を行って、バイヤグラを服用した女性たちが言っているような効果が統計的学的にはっきりとした値として出るかどうかを見る必要があるのです。

 

また女性にも深刻な副作用が出ないことを確認する必要もあります。そうした研究が実施され、結果が出るまでは、女性に対する処方は慎重にすべきなのです。

 

女性の場合は、副作用が本人だけでなく生まれてくる子供にも及ぶ危険性があることです。

 

バイヤグラが卵巣や成熟中の卵子、さらには発育中の胎児にどんな影響があるかはまったくわかっていません。胎盤は結感が集中しているところで、その欠陥にPDE5があるかもしれない、バイヤグラは酵素PDE5・ホスホジエステラーゼ5型を阻害することで、ペニスの血管を拡張して勃起を誘発します。

 

女性用バイヤグラ

もしバイヤグラが発育中の胎盤の血管にあるPED5を阻害したとすると、栄養を血管に頼っている胎児にどのような影響が出るのだろうか?

 

こうした説明が解明されるまでは、妊娠中の女性や妊娠可能な年齢の女性はバイヤグラを投与すべきではありません。

 

たとえ本人が、「もう子供は産みません」といっても、先のことはわかりません。閉経後の女性や、避妊のために卵管の傑作手術を受けた女性なら危険は少ないが、確かな研究結果が出るまでは、医師と患者本人がそれぞれのケースを独自に判断せざるを得ません。

 

医師の中には女性のバイヤグラに前向きな方もいます。閉経後の女性で性交時に大きな苦痛がある場合は、ためらわずにバイヤグラを服用してみてもいいと考えています。

 

こうした問題は閉経後の女性にはとても多いとも言われています。繊細な膣の組織への血流量が減少して組織が乾燥するためにセックスによって痛みが生じるのです。

 

女性への処方に慎重な医師も、体の仕組みから判断して、ペニスの血流量を増加させるバイヤグラが女性の生殖器にも同じ効果があり、望ましい効果を上げる子可能性があることを認めています。

 

その医師が注目するのは、女性のクリトリスが男性の亀頭に相当する器官であると言う点です。両社は胎児期に同じ組織から発達します。また膣の周囲にある小陰唇は、ペニスのほとんどを占める海綿体に相当します。だから、女性がバイヤグラを飲めば、小陰唇やクリトリスに血液が充満しやすくなることが想定される。だがそれは、性感の向上につながるかどうかという証明にはならない。

 

バイヤグラが作用するペニス内の酵素は、女性の生殖器の組織のも存在するのだろうか?ファイザー社がこの点を明らかにするための研究を計画していて、答えはほぼ間違いなくイエスだと出るでしょう。

 

ですが、男性用のバイヤグラを女性が服用することはしな方が良いと思います。女性用バイヤグラのラブグラ・ウーメラは多くの女性が服用し効果が期待できると実感されています。

 

女性用バイヤグラのラブグラ・ウーメラをおススメします。